*

宿場日和(草津宿だより)

  • 2013-04-06 (土)
  • 史跡草津宿本陣

春の嵐!? 4月6日

天気予報は、春の暴風雨!各地で満開の桜も散ってしまうのでしょうか?今日、明日と大荒れの天気になるようです。草津宿本陣、草津宿街道交流館も、暴風雨の対応で表の関札を外したり、暖簾を外したり…。
今日は、午前中お客様はほとんどみえませんでした。

さて、今から257年前の宝永7年(1710)4月6日、草津宿本陣の「大福帳」の「到来」に「角倉与一」の名前があります。「金壱歩」とあり、与一が休泊したのでしょう。角倉家は角倉了以が有名ですが、与一はその子で、了以・与一の二人によって京都の高瀬川の開削をはじめ、京都嵐山の大堰川などの河川土木事業に貢献した人物です。与一は、この時以外にも草津宿本陣で幾度か休泊しています。
大福帳1710

  • 2013-04-06 (土)
  • 草津宿

桜が花ごと落ちる?

嵐の前の静けさでしょうか。現在草津宿は、ひとかげが見当たりません…。みなさん、家の中でこもってらっしゃるんでしょうね。今日の低気圧は、台風並に発達するとのことなので、満開だった桜もおそらくほとんど散ってしまうのではないかと思います。

さて、その桜に関するお話をひとつ。

P1060078

こちらの写真をご覧ください。旧草津川で拾った桜になりますが、何か違和感を覚えませんか?
見た目はきれいなのですが、実はこの桜、花ごと落花しているのです。桜は本来、花びらで散るものですが、よく見ると花ごと落ちているものがちらほらみつかります。
これはスズメが花の蜜を吸うために、花の根本からちぎったことにより、花ごと落ちるという現象が起きているのです。
スズメは雑草の種子や虫を食べて生活していますが、虫は動き始めたばかりの時期であまり見つからない、さらには空き地などの減少により雑草もあまり無く、エサの確保が難しいため、蜜を吸う食べ方が広まったのではないかと言われています。

環境の変化が身近なところに変化をもたらしていたのには驚きですが、これからもちょっとした身の回りの変化にも気を配っていきたいものです。

  • 2013-04-02 (火)
  • 草津宿

旧草津川は桜で満開です

旧草津川沿いの桜並木が満開になり、見頃を迎えました!
しかし、あいにくのお天気で桜の見物に来られている方はちらほら…。

川の両岸にずらっと並んだ桜の木。
お天気の良い日はそぞろ歩きにぴったりです。

今週の土・日も天気予報によると雨みたいなので(残念ですが…)それまでが見頃です。
草津宿街道交流館と史跡草津宿本陣にお立ち寄りの際は、旧草津川にも是非とも訪れてみてくださいね。

P1060073P1060072P1060065

  • 2013-04-01 (月)
  • 草津宿街道交流館

平成25年春季テーマ展「姥ヶ餅焼」を開催中です。

草津名物「うばがもち」を載せる皿を焼いたのが始まりとされる「姥ヶ餅焼」。のちには茶の湯に通じた主人によって茶陶などが作られました。草津市所蔵の中神コレクションのなかから紹介します。

 

開催日時:平成25年5月26日(日)まで

会  場:草津市立草津宿街道交流館

その他の詳細は添付のPDFファイルをご覧ください。

【「姥ヶ餅焼」チラシPDF】

  • 2013-04-01 (月)
  • お知らせ

史跡草津宿本陣と草津宿街道交流館両館のホームページ「草津宿」を立ち上げました。

本日、史跡草津宿本陣と草津宿街道交流館両館のホームページ「草津宿」を立ち上げました。

ブログ「宿場日和」を通して、草津宿本陣や街道交流館の旬の話題を紹介してまいります。お楽しみに!!

90 / 90« 先頭...12...888990
*
ホーム
浮世絵双六
草津宿学問所
インフォメーション
草津宿・本陣について
江戸時代の街道
こどもページ
会員制度のご案内
グループ・団体の皆様へ
学校関係者の皆様へ
宿場日和(草津宿だより)
お問い合わせ