*

宿場日和(草津宿だより)

  • 2013-05-14 (火)
  • 史跡草津宿本陣

新緑の季節

阪神タイガースが好調のようです。

改修前のホームグラウンドである甲子園球場の外壁には蔦が張り巡らされ、見覚えのある方も多いと思います。この蔦ですが、ブドウ科の蔓性落葉植物で新緑も美しく、最近は都市の緑化にもよく使われていますが、草津宿本陣当主・田中家の家紋にも用いられています。

 

 蔦の花言葉には、「誠実」「結婚」「勤勉」とあり、家紋は、江戸幕府8代将軍である徳川吉宗が用いたことから広まったともいわれております。

P1060310

 写真は現在の本陣主庭の様子です。

提灯に蔦の家紋が入っております。

たくさんの葉が絡み合い成長する蔦のように、多くの方々とご縁があれば嬉しく思います!

 今週は週末まで天候に恵まれるようですので、是非草津宿本陣にお越しください!

  • 2013-05-12 (日)
  • 草津宿街道交流館

「草津宿通過証」まもなく1,000名に!

 草津宿街道交流館では「中山道踏破証」が395名、「草津宿通過証」が943名の方に発行させていただいと4月7日にお知らせしました。ゴールデンウィークが終わり、5月12日時点では、「中山道踏破証」が4名増えて399名、「草津宿通過証」が49名増えて992名になりました。

 「草津宿通過証」はあと8名で1,000名です。平成22年4月1日から発行をはじめて、3年1ヶ月で1,000名ということは、年に330名くらいになります。グループや団体で歩いておられることもありますので、単純計算にはなりませんが、ほぼ毎日お一人の方が草津宿を通過されている計算になります。

 今日はお天気も良く、街道を歩いて来られる方も多いのでしょうか?

  • 2013-05-10 (金)
  • 草津宿街道交流館

東海道歴史マップをリニューアルしました!!

街道を歩いておられる方々にご好評の「東海道歴史マップ」を再版し、販売を開始しました。「近江中山道歴史マップ」とセットで200円、草津宿街道交流館と草津宿本陣で販売しております。道順が詳しく載っているので、わかりやすく街道を歩けるとご好評をいただいております。

DSCN0612

旅には、今も昔も道中案内図が必携です。江戸時代の中期頃以降には庶民向けの道中案内図の類が多く刊行され、それを携えて人々は旅に出ました。今ほど情報量の多くなかった時代、人々は道中案内図や道標などを手掛かりに、時には人に聞きつつ、各地の風土に接し、見聞を広めたのです。

皆様も歴史マップを片手に街道歩きはいかがでしょうか。

  • 2013-05-08 (水)
  • 史跡草津宿本陣

御茶壺道中

長かったGWも終わり、ようやく落ち着き始めた草津宿。

本陣にはたくさんのお客様にお越しいただきまして、ありがとうございましたm(_ _)m

 

さて、江戸時代の5月は、人の利用だけではありませんでした。

それは、“御茶壺”です。

毎年5月に、京都宇治の新茶が徳川御三家のもとへ献上される行列がありました。

空の茶壺が、江戸から宇治へ向い、茶葉を詰め、宇治から江戸へ、街道を往復するのです。

 

本陣に残された資料「大福帳」にも記載されています。

安政4年(1857)5月28日に、“御茶壺”が、本陣でご休憩されています。

茶壷ブログ用

 

 

 

  • 2013-05-03 (金)
  • 史跡草津宿本陣

「てふてふ」の来館がありました

史跡草津宿本陣では「春の華の草津宿本陣」を開催していますが、玄関広間前の白洲に飾られている花を目当てに、かわいいお客様の来館がありました。

P1060224

調べましたところ、来館いただいたのは、アオスジアゲハさんでした。クスノキを好み、よく住宅地にもあらわれるようです。

今回は、白洲に活けられている色とりどりの花が目に止まって、本陣にも飛んで来てくれたのでしょうか。

 

白洲だけでなく、本陣館内にも趣向が凝らされたたくさんの花を展示していますので、どうぞお越しください。

 

87 / 92« 先頭...12...868788...9091...最後 »
*
ホーム
浮世絵双六
草津宿学問所
インフォメーション
草津宿・本陣について
江戸時代の街道
こどもページ
会員制度のご案内
グループ・団体の皆様へ
学校関係者の皆様へ
宿場日和(草津宿だより)
お問い合わせ