*

お知らせ [草津宿街道交流館] Archive

草津宿街道交流館2019年新春特別ミニ展示「“そうかん”ってだあれ??」を開催します!

年明けより草津宿街道交流館にて

2019年新春特別ミニ展示「“そうかん”ってだあれ??」を開催します。

 

皆さんは「山崎宗鑑」という人物をご存知でしょうか。

宗鑑は草津出身とされる室町時代の俳人・連歌師です。宗鑑は貴族文化である和歌の伝統を引き継いだ連歌から、庶民的でユーモラスさを重視した「俳諧連歌」を確立させ、俳諧連歌のみの歌集『犬筑波集』を編さんしました。この俳諧連歌は後の「俳諧」、つまり俳句や川柳のもととなったと言われ、宗鑑は「俳諧の祖」としても知られます。

また、それだけでなく、宗鑑は室町幕府第9代将軍・足利義尚の祐筆(代筆などを行う秘書官)を務めていたこともあり、能書家(書家)としても有名でした。宗鑑の書は観賞用としてだけでなく、字のお手本としても多く求められ、宗鑑の筆とそれを真似た筆は「宗鑑流」として世に広まりました。

本展示ではそんな草津出身とされる優れた文化人「山崎宗鑑」を広く知っていただくため、草津市所蔵のゆかりの作品を展示し、宗鑑や宗鑑が確立させた俳諧連歌についてご紹介します。

また、展示期間中、草津宿街道交流館1階では、草津市が宗鑑の生誕の地であることにちなみ、俳句を通して草津の文化の発展と継承をはかることを目的に取り組んでいる「俳句のまちづくり事業」について紹介いたします。また、今年度開催された「青少年俳句大会」の優秀作品の一部を展示します。企画展とあわせてご覧ください。

 

伝宗鑑「あさミどり」短冊

 

会期:2019年1月5日(土)~2月3日(日)

会場:草津市立草津宿街道交流館(草津三丁目)

開館時間:9:00~17:00(最終入館16:30)

休館日:1/7(月)、1/15(火)、1/21(月)、1/28(月)

観覧料:大人200円(160円)、大学・高校生150円(120円)、小・中学生100円(80円)

※( )内は20名以上の団体料金です。史跡草津宿本陣との共通券あり。

 

草津宿街道交流館2019年新春特別ミニ展示チラシ

 

平成30年度くさつ・歴史発見塾の受講生を募集いたします。

 

毎年ご好評いただいています全5回の歴史講座「くさつ・歴史発見塾」。

今年のメインテーマは「街道の往来」です。各回土曜日の午前中に、様々な分野で活躍されている講師の先生をお招きしてお話しいただく本講座の受講生を募集いたします。

 

講座の詳細は以下の通りです。

①2019年1月19日(土)10:30~12:00

「街道と俳諧」

講師:篠原徹 氏(滋賀県立琵琶湖博物館 館長)

②2019年2月2日(土)10:30~12:00

「和宮江戸へゆく」

講師:八杉淳(草津宿街道交流館 館長)

③2019年2月16日(土)10:30~12:00

「大福帳から見る秋葉山御撫物と草津宿」

講師:一矢典子 氏(御食国若狭おばま食文化館 学芸員)

④2019年2月23日(土)10:30~12:00

「幕末宇治茶事情─「御茶壺」から煎茶まで─」

講師:坂本博司 氏(宇治市歴史資料館 前館長)

⑤2019年3月2日(土)10:30~12:00

「異国の使節、近江国を通る~琉球使節と朝鮮通信使~」

講師:青柳周一 氏(滋賀大学経済学部 教授、附属史料館 館長)

 

◆受講料:1講座500円(各回、当日に受付にてお支払いください)

◆定員:各回50名(お申込み先着順)

◆会場:草津宿街道交流館 2階研修室(草津三丁目10-4)

◆1回のみの受講もOK

◆全ての講座を受講した方には「受講修了証」を進呈します!

 

参加をご希望の方は、草津宿街道交流館の窓口または電話・FAX・メールのいずれかの方法でお申込みください。

手話通訳をご希望の方は、参加を希望される講座の開催2週間前までにお申し出ください。

※毎週月曜日(月曜が休日の場合は翌日の火曜)と年末年始(12月28日~1月4日)は休館です。ご注意ください。

 

平成30年度くさつ・歴史発見塾受講生募集

 

 

 

 

 

11月2日・3日 開館延長のお知らせ

11月2日・3日は、「第15回 草津街あかり華あかり夢あかり」の開催にあわせ、時間を延長して21時まで開館いたします。

さらにこの時間中、史跡草津宿本陣ではライトアップが行われ、特別無料公開となりますので、どなたでも無料でご入館いただけます。

普段とは違う幻想的な本陣を、ぜひお楽しみください。

 

【日時】平成30年11月2日(金)および3日(土・祝)

18時~21時(最終入館は20時30分)

【場所】草津宿街道交流館、史跡草津宿本陣

 

※草津宿本陣はいったん17時に閉館し、18時にふたたび開館します。

※街道交流館の観覧には通常通りの料金が必要です。

秋季テーマ展「草津宿珍客往来」を開催します!

秋季テーマ展「草津宿珍客往来」を開催します!

 

江戸時代の草津は、東海道と中山道が合流・分岐する宿場として多くの人やものが通っていきました。当時、大名行列や伊勢参り、西国巡礼に向かう旅人などの往来は、草津宿の人々にとっては日常でしたが、ときには「えっ、これもお客様?」といったようなものの通行も見られ、草津宿だけでなく街道筋の人々の耳目を驚かせました。

将軍家へ献上された象や駱駝、朝廷へ献上された八朔馬などの動物をはじめ、草津宿本陣に残る大福帳には「御茶壷」や「谷汲寺御本尊」「秋葉山御撫物」など、異色の通行が見られます。

今回の展示では、草津宿をはじめ、東海道や中山道を往く珍しい通行を取り上げ、紹介するとともに、当時の人々がどのように見聞きし、感じ取っていたかなどについて紹介します。

 

会 期

平成30年10月20日(土)~平成30年11月25日(日)

会期中の休館日 毎週月曜日

※11月2日(金)・3日(土)は20:30まで開館延長

会 場 草津市立草津宿街道交流館 (草津市草津三丁目10番4号)

主 催 草津市・草津市教育委員会

後 援 全国街道資料ネットワーク

観覧料 通常の観覧料

その他 会期中に学芸員による展示解説会を行ないます!(申込不要・要入館料)

10月20日(土)10:00~ 14:00~  11月10日(土)10:00~ 14:00~

「舶来絵象紙」(豊橋市二川宿本陣資料館蔵)

「舶来絵象紙」(豊橋市二川宿本陣資料館蔵)

チラシPDFはこちらから→珍客往来展チラシ

「草津宿本陣資料調査だより」第2号を発行しました

今年6月から開始した「草津宿本陣歴史資料調査」の様子をお届けする、「調査だより」第2号を発行しました。
今号の内容は以下の通りです。

・夏季集中調査を実施しています
・「歴史資料調査」の内容
・資料は素手でさわる?
・【コラム】そもそも、「古文書」って何?

「調査だより」はこのホームページで公開するほか、草津宿街道交流館および史跡草津宿本陣でも配布しております。ぜひ、ご覧ください。

 PDF版はこちらからご覧いただけます

1 / 15123...56...最後 »
*
ホーム
浮世絵双六
草津宿学問所
インフォメーション
草津宿・本陣について
江戸時代の街道
こどもページ
会員制度のご案内
グループ・団体の皆様へ
学校関係者の皆様へ
宿場日和(草津宿だより)
お問い合わせ