*

特別展示「僧 岳陽画・仏涅槃図」を開催します

草津市南山田町の西光寺に伝わる「仏涅槃図」(市指定文化財)を展示します!

西光寺涅槃図

僧・岳陽(旭応)は、江戸時代中ごろの西光寺の住職で、のちに本山の禅林寺(通称永観堂・京都市)に入り住職となった高僧です。

岳陽は書と画を得意とし、西光寺には代表作とされる「仏涅槃図」と「当麻曼荼羅図」が伝来していて、いずれも市指定文化財となっています。

このうち仏涅槃図は、本紙(絵の本体)が縦200センチ、横160センチを超える大きなもので、釈迦の入滅に臨み、嘆き悲しむ菩薩や仏弟子、動物たちなどが細密に描かれています。

経年による劣化が生じていましたが、平成28・29年度に本格的な保存修理を行いました。そこで今回、広く皆さまにご覧いただく機会として、草津宿街道交流館で特別展示を行います。

短い期間ではありますが、ぜひご来館ください!

 

会期中には、保存修理を行った株式会社坂田墨珠堂の坂田さとこさんによる講演会も開催します。今回の保存修理作業について、また大切な文化財を未来に伝えるため、極めて高度な技術で保存修理を行う「装潢(そうこう)師」のお仕事について、貴重なお話を伺います。

 

特別展示「僧岳陽画・仏涅槃図」

会 期:平成31年2月13日(水)~2月17日(日)

会 場:草津市立草津宿街道交流館(草津三)

主 催:草津市・草津市教育委員会

協 力:西光寺(草津市南山田町)

観覧料:通常の観覧料

出陳資料:草津市指定文化財「岳陽画 絹本著色仏涅槃図」

 

講演会「岳陽画 仏涅槃図の保存修理」

講師:坂田さとこ氏(株式会社坂田墨珠堂代表取締役)

日時:平成31年2月16日(土) 午後2時〜3時

*講演終了後、当館学芸員による資料解説を行います(30分程度)。

会場:草津宿街道交流館

受講料:無料(通常の観覧料が必要)

申込み:草津宿街道交流館へ、電話・ファクス・メール、もしくは直接窓口でお申し込みください。

*
ホーム
浮世絵双六
草津宿学問所
インフォメーション
草津宿・本陣について
江戸時代の街道
こどもページ
会員制度のご案内
グループ・団体の皆様へ
学校関係者の皆様へ
宿場日和(草津宿だより)
お問い合わせ