*

秋季テーマ展「草津宿珍客往来」を開催します!

秋季テーマ展「草津宿珍客往来」を開催します!

 

江戸時代の草津は、東海道と中山道が合流・分岐する宿場として多くの人やものが通っていきました。当時、大名行列や伊勢参り、西国巡礼に向かう旅人などの往来は、草津宿の人々にとっては日常でしたが、ときには「えっ、これもお客様?」といったようなものの通行も見られ、草津宿だけでなく街道筋の人々の耳目を驚かせました。

将軍家へ献上された象や駱駝、朝廷へ献上された八朔馬などの動物をはじめ、草津宿本陣に残る大福帳には「御茶壷」や「谷汲寺御本尊」「秋葉山御撫物」など、異色の通行が見られます。

今回の展示では、草津宿をはじめ、東海道や中山道を往く珍しい通行を取り上げ、紹介するとともに、当時の人々がどのように見聞きし、感じ取っていたかなどについて紹介します。

 

会 期

平成30年10月20日(土)~平成30年11月25日(日)

会期中の休館日 毎週月曜日

※11月2日(金)・3日(土)は20:30まで開館延長

会 場 草津市立草津宿街道交流館 (草津市草津三丁目10番4号)

主 催 草津市・草津市教育委員会

後 援 全国街道資料ネットワーク

観覧料 通常の観覧料

その他 会期中に学芸員による展示解説会を行ないます!(申込不要・要入館料)

10月20日(土)10:00~ 14:00~  11月10日(土)10:00~ 14:00~

「舶来絵象紙」(豊橋市二川宿本陣資料館蔵)

「舶来絵象紙」(豊橋市二川宿本陣資料館蔵)

チラシPDFはこちらから→珍客往来展チラシ

*
ホーム
浮世絵双六
草津宿学問所
インフォメーション
草津宿・本陣について
江戸時代の街道
こどもページ
会員制度のご案内
グループ・団体の皆様へ
学校関係者の皆様へ
宿場日和(草津宿だより)
お問い合わせ