*

特別展示「草津(ここ)からスゴ遺のでてき展」を開催します!

国内最古の「獣脚鋳型」出土と、「芦浦観音寺」「草津のサンヤレ踊り」日本遺産認定を記念して、草津宿街道交流館にて特別展示を開催します。

 国内最古「獣脚鋳型」市内で出土!

国内最古の獣脚の鋳型が、野路町で実施している榊差遺跡の発掘調査で発見されました。

獣脚とは、鍋などを支える脚部のことで、本体である鍋との接続部に獣の顔が、先端部に獣の爪先が表現されています。

今回発見された獣脚鋳型は国内最古の貴重なものです。ぜひこの機会に御覧ください。

 出陳資料榊差遺跡出土 獣脚の鋳型・羽口・鉄滓・炉壁

 

草津市初の「日本遺産」認定!

このたび、「芦浦観音寺」と「草津のサンヤレ踊り」が日本遺産「琵琶湖とその水辺景観-祈りと暮らしの水遺産」に追加認定されました。

草津市で日本遺産が認定されるのは、今回が初めてのことです。

新しく日本遺産に認定された2件について、見どころなどを紹介するパネル展示を行います。

 

○会 期  平成30年6月16日(土)~ 平成30年7月16日(月・祝)

(休館日:6月18日・25日、7月2日・9日)

○会 場  草津宿街道交流館 2階展示室

○観覧料  通常の観覧料

獣脚完成イメージ図

「獣脚」完成イメージ図

*
ホーム
浮世絵双六
草津宿学問所
インフォメーション
草津宿・本陣について
江戸時代の街道
こどもページ
会員制度のご案内
グループ・団体の皆様へ
学校関係者の皆様へ
宿場日和(草津宿だより)
お問い合わせ