*

春季テーマ展「ちょっと古くてなつかしい 駅弁掛け紙」を開催します

行楽の春!草津宿街道交流館で鉄道旅気分を味わいませんか?

草津宿街道交流館では、草津市所蔵の山口コレクション(※)の中から昭和40~50年代の駅弁掛け紙をご紹介する展覧会を開催します。

駅弁掛け紙とは弁当の包装紙のことで、パッケージやレッテルとも呼ばれます。そのデザインは多種多様で、販売された時期のイベントなどに合わせて作られた記念掛け紙や、弁当そのものにちなんだデザインのもの、販売地域の名所や名物案内を兼ねているものなどがあります。

本展示では昭和後期から今も変わらない名物駅弁の掛け紙や、姿を消して幻となった掛け紙など、昔懐かしい駅弁掛け紙をご紹介します。

※山口コレクションは個人コレクターの山口正氏から草津市に寄贈された資料で、昭和後期の鉄道の記念切符を中心に、今回展示します駅弁掛け紙や国鉄の広告チラシなど、昭和の鉄道史や風俗を見ることのできる貴重なものです。

 

会場:草津宿街道交流館(草津三)

会期:平成30年3月17日(土)~5月13日(日)

休館日:3月19・22・26、4月2・9・16・23、5月1・7日

観覧料:通常の観覧料(大人200円、高校/大学生150円、小中学生/市内65歳以上の方100円)

20名以上の団体割引・史跡草津宿本陣との共通券もあります。

主な出陳資料:

滋賀県「琵琶バス寿司」、肥前山口駅(佐賀県)「むつごろうちらし寿し」、黒磯駅(栃木県)「特製九尾すし」など(すべて草津市蔵・山口コレクション)

 

黒磯駅(栃木県)「特製九尾すし」

黒磯駅(栃木県)「特製九尾すし」

*
ホーム
浮世絵双六
草津宿学問所
インフォメーション
草津宿・本陣について
江戸時代の街道
こどもページ
会員制度のご案内
グループ・団体の皆様へ
学校関係者の皆様へ
宿場日和(草津宿だより)
お問い合わせ