*

ワークショップ「青花紙と友禅染」を開催します!!

草津市と(独)東京文化財研究所では近江国草津の特産物であった青花紙の製作技術の記録作成事業を行っています。今回、その一環として、青花紙が材料として利用されていたことが知られている友禅染を通して、近世より受け継がれた材料と近代以降の合成材料(合成青花、ゴム糊、合成染料)を比較するワークショップを7月5日、6日の2日間にかけて開催します。ぜひご参加ください!

 

【日時】 平成29年7月5日(水)~6日(木)(2日間)

【会場】 笠縫まちづくりセンター(上笠一丁目)、アオバナ栽培農家等

【定員・材料代】 先着順10名 材料代2,000円 ※必ず2日間ともご参加ください。

 

【講義・ワークショップ内容】

7月5日(水)

10:00~11:30  講演「草津市と青花紙」(草津市立草津宿街道交流館)

11:30~13:00  昼食休憩

13:00~16:00  ワークショップⅠ「友禅染の材料と技術伝統と現在それぞれの技法」

講師:瀬藤貴史氏(桜美林大学非常勤講師)

下絵描き(青花紙と合成青花)/ 糸目糊置き/地入れ

 

7月6日(木)

9:00~11:30  アオバナ摘み 体験協力:中村繁男氏(アオバナ栽培農家)

11:30~13:00 昼食休憩

13:00~16:00  ワークショップⅡ「友禅染の材料と技術伝統と現在それぞれの技法」

講師:瀬藤貴史氏(桜美林大学非常勤講師)

彩色(合成染料)/蒸し、水元、乾燥

16:00~17:00 報告「青花紙製作技術を記録する意義」(東京文化財研究所無形文化遺産部)

 

7月5日(水)10:00~11:30講演「草津市と青花紙」(草津市立草津宿街道交流館)のみの参加も可能です。

【会場】笠縫まちづくりセンター(上笠一丁目)

【定員】先着順20人(無料)

 

【申込期間】6月3日(土)~15日(木)

草津宿街道交流館(077-567-0030)まで、電話にて申込(いずれも先着順)

 

*
ホーム
浮世絵双六
草津宿学問所
インフォメーション
草津宿・本陣について
江戸時代の街道
こどもページ
会員制度のご案内
グループ・団体の皆様へ
学校関係者の皆様へ
宿場日和(草津宿だより)
お問い合わせ