*

草津宿本陣囃子塾~小鼓~を開催しました

昨日、本陣楽座囃子塾~小鼓~を開催しました。

朝は少し雨がパラついており、湿気を好む小鼓としては、まさに絶好の“小鼓日和”となりました。

 

今回の出演者は、能楽師小鼓方の林 大輝(はやし・ひろき)さんでした。10月にお越しいただいた林 大和(林・やまと)さんの弟さんで、この本陣楽座には兄弟揃ってのご出演となりました。

 

林さんのご先祖様は、小鼓の胴を作る職人だったようです。その為、ご自宅には昔使われていた胴を作るための道具が残されているそうで、今回特別に持ってきていただけました。

O

今は全部機械を使って胴をつくっているらしく、胴回りを測る道具などはほとんど残っておらず、これらの道具は博物館で展示してもよいくらい貴重なものであるとご説明がありました。

 

今回、体験用の小鼓もお持ちいただいており、それはプラスチック製品とのことでしたので、本物の小鼓と体験用の小鼓、どんな音色の違いがあるのか、実際に演奏していただき、その違いを聞いてみました。

O

お能を見に行ったことの無い方でもその違いがハッキリと分かる程の音色でした。

 

この後、2人だけ実際に小鼓を打っていただく体験をしましたが、今回は多くのお客さんが来られていたので、全員は体験できませんでした。

それでも、雰囲気だけでも味わっていただこうと、みなさんで「エアー小鼓」で型とかけ声を出す体験をやってみました。

O

何回かやっていくうちに、段々みなさんの声も大きくなってきて、本当に打っているような雰囲気になりました。

 

「本陣楽座囃子塾」は今年度にて終了となります。2年間お越しいただきまして、ありがとうございました。

4月はお休みをさせていただきまして、5月の第3週目からは「本陣楽座和音会(わおんかい)」として、津軽三味線や尺八といった和楽器の演奏会を開催します。

詳細は当館ホームページの「お知らせ」にて随時アップしてまいりますので、そちらをご覧ください。

*
ホーム
浮世絵双六
草津宿学問所
インフォメーション
草津宿・本陣について
江戸時代の街道
こどもページ
会員制度のご案内
グループ・団体の皆様へ
学校関係者の皆様へ
宿場日和(草津宿だより)
お問い合わせ