*

本陣楽座落語会を開催しました

先週、1月9日(土)に、本陣楽座落語会を開催しました。

新年明けて初めての落語会で、寒い日にも関わらず、ほぼ満席のお客さんをお迎えすることが出来ました。

本陣ブログ1

今回の出演者は、落語家の桂 壱之輔(かつら・いちのすけ)さんと桂 小鯛(かつら・こだい)さんでした。

壱之輔さんは、当落語会最多出演で、小鯛さんは初出演。

このお二人が、どんな演目を披露して下さるか、楽しみですね!

 

はじめは小鯛さん。

入門時の芸名なんと『桂 とま都(とまと)』だったそうで、『とまと』から『小鯛』へ、『野菜』から『魚』へ成長しましたと話され、自己紹介を兼ねての笑いの初お披露目は大成功でした!

本陣ブログ2

小鯛さんの演目『ちりとてちん』では、腐った豆腐を珍味として嫌な隣人に食べさせるお噺で、腐った臭いや食べる様を、表情や声で目一杯表現され、お客さんの心をしっかりとらえて、最後まで笑いが絶えませんでした。

 

次は壱之輔さんの出番です!

壱之輔さんは、『草津市と草津宿本陣』を知る先輩として、こちらに向かわれる途中や本陣に着いてから、小鯛さんにいろいろと教えてあげておられたようで、そのやり取りを面白おかしく再現されてました。

 

壱之輔さんの演目は『餅屋問答』でした。

最初は落ち着いた口調で進められ、途中、身振り手振りだけで声を出していない時もあり、そこからオチまでかけ足のように突っ走られ、強弱ある中でずっと笑いの渦に巻き込まれていました。

さすがだなぁと感心しながら、私も大笑いしていました。

これでまた、ファンの心をガッチリ持って行かれたことでしょう!

本陣ブログ3

次回の落語会は2月6日(土)です

久しぶりの女性の落語家さんの露の紫(つゆの・むらさき)さん、桂 鞠輔(かつら・まりすけ)さんの登場です!

 

寒さが厳しい時期になりますが、本陣楽座落語会で笑って、寒さを吹き飛ばして過ごしてみませんか?

ご来場、お待ちしています!

*
ホーム
浮世絵双六
草津宿学問所
インフォメーション
草津宿・本陣について
江戸時代の街道
こどもページ
会員制度のご案内
グループ・団体の皆様へ
学校関係者の皆様へ
宿場日和(草津宿だより)
お問い合わせ