*

本陣楽座落語会を開催しました

先週の土曜日(12月5日)に、本陣楽座落語会を開催しました。

近頃めっきり寒くなり、冬の訪れを肌で感じる季節になりましたが、そんな中、今回も多くのお客さんに足を運んでいただきました!

 

今回の出演者は、落語家の桂 二乗(かつら・にじょう)さんと桂 弥太郎(かつら・やたろう)さんでした。二乗さんは、平成25年度の本陣楽座でお越しいただいた桂米二(かつら・よねじ)さんのお弟子さんでした!さて、師匠の後に続いてお客さんをひきつけることはできたのでしょうか?!

 

はじめは弥太郎さんの「時うどん」でした。

マクラの時に、落語は扇子と手ぬぐいで色々なものを表現するという話をされ、会場のみなさんで「うどんをすする」仕草をやってみました。

O

中に、汁をすする音が大変上手なお客さんがおられ、弥太郎さんもビックリされていました。

時うどんは、有名な噺でご存知の方も多いと思いますが、「時そば」の上方バージョンです。確かに、上方はそばよりもうどんのほうがしっくりきますね。

 

次の二乗さんは「茶の湯」をされました。

二乗さんもマクラの時に、色々な仕草のお話をされ、幼稚園に行った時に幼児がやってくれたキャベツとイモムシの仕草を見せていただきました。子どもの想像力は本当に豊かで、いつも驚かされると言われていました。

O

「茶の湯」でも多くの仕草が登場しましたが、先にお話をしていただいていたことで、より想像がしやすかったのではなかったでしょうか。

 

次回1月の本陣楽座落語会は、平成28年1月9日(土)の第2土曜日になりますので、お間違いのない様にお気をつけください!

出演者は、桂 壱之輔(かつら・いちのすけ)さんと桂 小鯛(かつら・こだい)さんです。

 

*
ホーム
浮世絵双六
草津宿学問所
インフォメーション
草津宿・本陣について
江戸時代の街道
こどもページ
会員制度のご案内
グループ・団体の皆様へ
学校関係者の皆様へ
宿場日和(草津宿だより)
お問い合わせ